うるしず 潤静 かゆみ 皮膚炎

うるしず(潤静)はかゆみや皮膚炎にも効果あり?乾燥性皮膚疾患の治療には潤静!

乾燥からかゆみや皮膚炎を発症してしまったお肌は、乾燥性皮膚疾患と呼ばれる状態になっています。
かゆみや皮膚炎を起こしてしまったお肌をケアするためには何がお勧めでしょうか?
敏感肌用の化粧水「うるしず(潤静)」がお勧めです。その理由を見てみましょう。

 

 

 

うるしず(潤静)には炎症が起きた状態のお肌を優しく潤し、炎症を鎮める成分が含まれています。
うるしず(潤静)に含まれる「木肌エキス」は古くから生薬として用いられている成分です。
木肌エキスにはベルべリンという成分が含まれています。
抗菌、抗炎症成分であるベルべリンは古くから打ち身や捻挫などの消炎に用いられてきました。
お肌の内部で起こっている炎症にも効果があると言われています。
刺激により起こるかゆみ、湿疹なども鎮める効果が期待されています。

 

 

乾燥性皮膚疾患を起こしている場合、お肌はスカスカでダメージを受けた状態です。
本来お肌の表面にあるはずの保護膜がなくなり、お肌から水分がどんどん蒸発しています。
その結果肌本来の角質層の水分を保つ力も失われています。
そこに外部からの刺激が加わり、皮膚内部で炎症を起こしてしまいます。
さらに乾燥肌は知覚神経線維の末端がお肌の表皮近くまで伸びている可能性が高く、その場合少しの刺激でかゆみや痛みを感じます。
うるしず(潤静)に含まれる木肌エキスを毎日塗布することで、お肌の奥から乾燥性皮膚疾患の対策ができるでしょう。

 

 

乾燥によるかゆみや皮膚炎は、基本的には保湿と生活習慣の見直しによって改善できます。
入浴後のしっとりしている状態のお肌に、たっぷりと うるしず(潤静)を塗りましょう。
お風呂は熱すぎるとうるおい層を破壊してしまう可能性があります。
ぬるめのお湯に短めに浸かるようにしましょう。
長くても15分以内に出るようにして、皮脂膜を破壊しないようにしましょう。

 

 

こすりすぎにも注意が必要です。
ボディソープや洗顔料は必要量をしっかり泡立てて使いましょう。
これらを実践してもかゆみや皮膚炎が治まらない場合は、皮膚科に受診しましょう。
皮膚科にて診察後、状況に応じて抗ヒスタミン薬やステロイドが処方されるでしょう。

 

 

乾燥肌は放っておくと、かゆみや皮膚炎を引き起こしてしまいます。
乾燥性皮膚疾患になった場合には、お肌の炎症を鎮めながら保湿してくれる化粧品を選ぶ必要があります。
うるしず(潤静)は抗炎症成分と高保湿成分を含んでいます。
乾燥したお肌を根本的に解決したい、と思っておられる方にこそ、うるしず(潤静)がお勧めです。

 

 

 

うるしず(潤静)はアトピー肌にも効果あり?

 

 

 

関連ページ

うるしず(潤静)の保湿効果口コミは?アットコスメランキングをチェックしよう!
うるしず(潤静)美容液のアットコスメでの口コミ、ランキングは?うるしず(潤静)の保湿効果、敏感肌へのスキンケア効果をアットコスメの口コミから調べました。