うるしず 潤静 敏感肌 保湿ケア

うるしず(潤静)なら敏感肌でもヒリヒリしない!低刺激保湿ケアを選ぼう!

敏感肌の方のお悩みは、化粧水をつけた時にヒリヒリしてしまうこと、赤みが出てしまうことです。
何を使ってもヒリヒリ痛い!という敏感肌の方は低刺激の保湿ケアを選ぶ必要があります。
敏感肌の対策、低刺激保湿ケアの中でもおすすめの「潤静(うるしず)」化粧水についてご紹介します。

 

 

潤静(うるしず)は敏感肌でヒリヒリしてしまう方にこそ試して欲しい化粧水です。
刺激を受けやすい状態の敏感肌のために、低刺激の保湿ケア成分を配合しています。
それだけでなく、弱ってしまったバリア機能を高めるために納豆菌成分を配合しています。
納豆菌成分はお肌の細胞間脂質成分にある天然保湿成分を増やす働きを持っています。
使い続けることでお肌がだんだんと潤いを閉じ込める力が強くなり、敏感肌も徐々に改善します。
他の敏感肌用化粧水は肌に優しい保湿成分を使ってはいますが、お肌の保湿機能を高める機能は弱い傾向にあります。
その点潤静(うるしず)はヒリヒリせずに使えるのと同時に、根本的な乾燥肌の解決ができるのでお勧めです。

 

 

敏感肌の方が化粧水をつける度にヒリヒリしてしまうのは、肌細胞がダメージを受けているゆえです。
ダメージを受けた肌細胞はそれを修復するために新しい皮膚を作ろうとするため、ターンオーバーの周期が乱れます。
お肌の新生に十分な期間が充てられないゆえに、もろく乾燥しやすい状態の皮膚ができるという悪いループにはまってしまうのです。

 

 

この悪循環を断ち切るためには、「保湿」と「化学成分の排除」が必要です。
化粧品に含まれる化学成分も、ヒリヒリや赤みの原因となります。
敏感肌の方は無添加の化粧品を選ぶべきです。
さらに乾燥しきったお肌の内部まで浸透する高保湿成分を使用した化粧品を選ぶ必要があります。

 

 

さらに気をつけて頂きたいのが、洗顔のしすぎです。
乾燥肌の方はターンオーバーが乱れているため角質が蓄積してしまう傾向もあります。
それを無理に剥がそうとピーリングやスクラブ洗顔を行う方がいますが、これらはお肌の劣化を早めるものです。
またシートマスクは放置のしすぎに気をつけましょう。
潤い補給のために行うシートマスクですが、10分以上放置すると逆にお肌の潤いを外に逃がしてしまいます。
お肌が正常な状態に戻るまでは、これらのスペシャルケアは避けましょう。

 

 

敏感肌の方でもヒリヒリしない潤静(うるしず)は、気持ちよく使いながら効果的に敏感肌対策ができる化粧水です。
敏感肌を卒業したい!と思っている方はぜひお試しくださいね。

 

 

 

潤静(うるしず)の安心成分にならアトピーや皮膚炎にも優しい

 

 

 

 

 

関連ページ

うるしず(潤静)で赤ちゃんのアトピー予防!赤ちゃんの正しいスキンケアとは?
赤ちゃんのお肌をアトピーから守るためにうるしず(潤静)がお勧めです。 うるしず(潤静)が赤ちゃんの敏感肌をアトピー・刺激からどのように守ってくれるのか、調べました。